1. TOPオリエント技研株式会社
  2. よくあるご質問
  3. こんなお悩みありませんか?
タイトル背景画像

こんなお悩みありませんか?

Trouble

半導体製造業者のみなさま。洗浄と乾燥に関する、こんなお悩みありませんか?

チェックリスト

もし一つでも✔が付くなら… 乾燥を見直してみませんか?

オリエント技研はウェット処理・乾燥のプロとして下記のようなお悩みを解決に導き、製造工程の最適化、
歩留まりや効率アップのお手伝いを致します。

ワークにウォーターマーク(水垢)が残ってしまう。

きれいに洗浄したはずなのに、ウォーターマークが残ってしまっていませんか? 製品に大きな欠陥となってしまうウォーターマークの主な原因は、乾燥の不均一により、部分的に液滴が残留してしまう事です。オリエントの乾燥は、表面張力で液をすぱっときり、さらに赤外線を照射する事で水蒸気がワークに付着してしまうのを防ぎます。

ワークに有機物が残ってしまう。

有機物がワークの表面に残留する原因は主に、人のフケや垢、純水管内のバクテリア、薬液に含まれる炭素分子、又、IPAなどの薬液を使用した乾燥方法でも問題が起きる場合があります。
オリエントの乾燥方法は、フィルターで純水を常に循環させて有機物を除去するので、きれいな純水のみでリンス乾燥を行う事ができます。

ワークにパーティクルが残ってしまう。

パーティクルとは微粒子や塵埃のことで、IC構造に欠陥を生じさせ、品質を著しく落としてしまう、大敵です。このパーティクルは洗浄段階でも除去されますが、落としきれなかったり、落とし切っても乾燥段階で混入する可能性が有ります。そうしたパーティクルを乾燥の工程で再付着させない
為に、オリエントの乾燥は、表面張力を利用した水切りで、水滴を切り、さらに、ワークに再付着してくる水蒸気を赤外線の熱とクリーンな風の流れでシャットアウトします。

ワークが破損してしまう。

壊れやすい素材でできたワークや、極薄のワークが破損してしまってお困りではありませんか?大きな動力を必要としワークに負担をかけるスピン乾燥では、そうした壊れやすいワークには対応できません。その代替として主流になったマランゴニやロタゴニ乾燥は、IPAを使用するので、廃液の処理や保管の際の防災法など、煩わしいですよね。もっとシンプルで、環境にも、生産者にも優しい持続可能な解決策を、オリエントは持っています。オリエントのリフトドライは、ワークの破損原因になるようなスピンや風力などは不要です。水面からゆっくりとワークを引き上げ、表面張力を利用して水滴を切ります。繊細でもろいワークや、極薄で壊れやすいワークでも、破損の心配なくしっかりと乾燥を施す事ができます。

乾燥時間が長くかかっている。

確実な乾燥の為に、乾燥時間はかかってもしょうがないとあきらめていませんか?
乾燥がうまくいっても、それのせいでスループットが低ければ、乾燥の質が高いとは言えません。オリエント技研の乾燥装置は、一槽式の乾燥で開始から終了まで最短120秒で乾燥を施すスピーディさです。確実な乾燥と、スループットの向上をどちらも実現できます。

人件費を抑えたい。

適した乾燥装置が見つからず、人件費がかかってしまっていませんか?「ワークに対応できる装置が見つからず、手動乾燥を余儀なくされている」「薬液を扱うため、人員を割かなければいけない。」など様々な理由で乾燥の為の人件費がかかりすぎている、と感じたら、一度ご相談下さい!

希望の寸法や仕様にぴったりなものが見つからない!

希望する寸法や仕様にぴったりな装置をお探しならば、装置をオーダーメイドしませんか?
オリエントでは、洗浄・乾燥装置からめっき装置に至るまで、社内一貫のオーダーメイドで製作致します。お客様のご希望に柔軟に対応できて、仕様選定のためのご相談から製作・導入・さらには緊急時の対応まで安心してお任せ頂けます!

操作が簡単で誰でも扱いやすい乾燥装置がいい。

操作に特別な技術を要する装置や、ちょっとした作動ミスで危険を伴うような装置では使いやすいとは言えません。オリエントの提案する装置は、シンプルでなるべく簡単に使える様、配慮されています。

小さいスペースに装置を納めたい。

「工場の限られたスペースを無駄にせず、装置を置きたい。」オリエントは、常に省スペースを意識した、無駄のない設計・配管をご提案しています。装置の寸法はもちろん、仕様や機能まで、オーダーメイドでお客様のご要望にぴったり合った装置を設計・製造しています。

歩留まりをあげたい。

歩留まりを上げるのに苦労されていませんか?
オリエントは乾燥を最適化することで、大幅な歩留まりアップに貢献している実績があります。是非一度ご相談下さい。

ずっとIPA(イソプロピルアルコール)乾燥でやってきたけど・・・。

IPA使用の乾燥から薬液不使用の乾燥へ切り替えませんか?
IPAを利用した乾燥は、「外力に頼らずに確実な乾燥を施せる方法」として、スピン乾燥の代替の役割を果たしてきました。しかしIPAは可燃性がある為、使用・保管の際には、消防法の基準を満たさねばならないことや、廃液を処理する手間など、煩わしさが常についてまわります。さらに、IPAを使用することでの環境や人体への悪影響も懸念されます。IPAは地下に浸透した場合、土壌汚染や地下水汚染を起こしたり、人体への影響としては、吸引によって頭痛やめまいの原因になるほか、中核神経や肝臓・腎臓機能障害、発ガン性なども報告されています。

薬液一切不使用のオリエントの乾燥ならば、IPAに伴うリスクから解放され、且つ同等以上の乾燥品質を実現する事が可能です。先ずは是非一度、ご相談下さい。

もっと環境に優しい乾燥方法はあるのかな?

オリエントの乾燥装置、リフトドライは環境汚染につながるような薬液を一切使用せず、大きな動力を必要としないので、持続可能で環境に優しい乾燥装置です。

最適な乾燥方法がわからない。

今まで用いてきた乾燥方法は本当に最適なのかな?
そんな疑問が少しでもよぎるのであれば、乾燥方法を見直してみませんか?
オリエントでは、担当者がお客様のご要望を丁寧にヒアリングしてから、オーダーメイドで装置の設計をするので、目的や用途にあった乾燥方法、さらには、装置の寸法や仕様も、お客様のご要望にぴったり合ったものをご提案する事ができます。

もし一つでも✔が付くなら… 乾燥を見直してみませんか?

オリエント技研はウェット処理・乾燥のプロとして下記のようなお悩みを解決に導き、製造工程の最適化、
歩留まりや効率アップのお手伝いを致します。
ご質問、ご相談などがありましたら、先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。

乾燥に関するお悩みを一挙に解決!

オリエントの自社開発乾燥装置リフトドライ

オリエントの自社開発乾燥装置
リフトドライ

温水引き上げ乾燥(LIFT DRY)
クリーンな乾燥にお悩みの方に「温水引き上げ乾燥」の提案です。
一台でいろいろなサイズ、多品種の乾燥が簡単に行えます。

取扱製品情報へ

将来性を考えた製品づくりを通じて時代を築き、信頼を築くこと。
これこそプロフェッショナルなスペシャリストとしての私たち、オリエント技研の道であると信じています。
お客さまからの受託により、洗浄装置、CR設備、乾燥装置、枚葉装置、実験装置、その他装置を開発製造しております。
また、自社製品の開発にも積極的に取り組んでおります。

お問い合わせContact

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

- お電話でのお問い合わせはこちら -

042-651-2012(代)

受付 / 平日10:00~17:00